読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットワーク機器メーカーのNETGEARとTP

ネットワーク機器メーカーのNETGEARとTP-Linkは、筐体に色味に機能に価格帯など互いにそっくりなハブをつくっていますが、どちらかのOEMだったりするのでしょうか? どちらかが真似したのでしょうか?ガチンコで設計して結果的に似たと思いますか? (GS-108EとTL-SG108Eなど)

安いHubみたいなのは中のチップメーカがリファレンスデザインを持っていて、 あとはそれに味付けをするだけです。 シリーズものに見えて、実は全く別製品なんてのもあります。 netgear GS-108Eと105Eとかはそうでした。スマートプラスでも特定パケットで挙動が違ったり、 型番が変わったら中身が別物だったり、ファームで解決できずクレーム上がりで 交換対応とか。 最近はノーブランドのホワイトボックススイッチってのまであります。 SDN用にデータセンターで導入が進んでます。

タクシーの前面、車外に向けて「空車」「回送」「予約」などを表示する装置がありますよね。 お客を乗せることができる場合は「空車」、食事や車庫に帰るときなど「回送」、割増運賃適用時間帯にお客を乗せている場合は「割増」といったように、表示すべき項目の取り決めがあると思うのですが、「賃走」という表示については表示義務(法的根拠)はあるのでしょうか?もし、根拠がないならば「乗車中」とか「実車」とか適当な表示をしても良いのでしょうか?車内に「賃走」と表示されて車外にも「賃走」と表示される車(幕式なら青地に白、LED式ならオレンジ色の文字)と、車内には「賃走」と表示されても車外には何も表示されない車(特にLED式の場合)がありましたのでおたずねしました。そもそも昔のタクシーは「賃�

��」時には車外に向けた赤丸の「空車」表示板を倒して見えなくしていたように記憶しています。

賃走の車外表示は特に運送法、運輸規則、にはありません、東京23区の場合、回送、迎車、予約、割増、と車外に表示されるのは、タクシーセンターなどが運転手が適正な業務をしているか分かるようにしているためだと思います、割増時間帯に割増にしないで実車で走っていると運転手は処分の対象になります。